FC2ブログ

A DAY OF MY LIFE

30代に突入

hitomi 「GO TO THE TOP」

2012/09/24 22:27 ジャンル: Category:Music
TB(0) | CM(0) Edit

ここんところ音楽関係の記事を書いていないですね(>_<)
原因はパソコンのディスクを読み取ることが出来なくなり、音楽に触れあう機会が少なくなっているためです。
とはいっても、音楽に関する記事は書きたいので、ひとまず、hitomiについてが~っと書いていこうと思います。
詳しく書いていきたいんですけど、時間的にも、精神的にも無理はしたくないので(ずぼら!!)感想を簡単に書いていこうと思います。

今日は、ファーストアルバムの「GO TO THE TOP」について書きます。(ちなみにこの作品は図書館で借りてから聴きました。)

GO TO THE TOPGO TO THE TOP
(1995/09/27)
hitomi

商品詳細を見る

この作品の出来はあまり良くないです。
hitomiの歌唱は下手ですし、表現力がある、魅力的な声とは言い難いんですよね。
そして、楽曲。シングル曲は比較的出来映えはいいんですけど(それでも他のアーティストに提供した小室作品に比べると落ちる。)、カプリング曲やアルバム曲がありえないほど出来が良くない。(音がパサパサして安っぽい上に未熟なhitomiの歌唱が乗っていますので・・・)
篠原涼子、華原朋美、tohko等のファーストアルバムに比べると本人に歌唱力や魅力もあるわけでもないし、楽曲の出来も・・・(ちなみに、安室奈美恵、TRFのファーストアルバムは聴いたことがないので、言及は避けさせていただきます。)なかなか厳しいスタートだったようです。

シングル曲でアルバムタイトルになった「GO TO THE TOP」、シングル曲の「CANDY GIRL」は比較的聴ける曲。それ以外の作品はものすごく落ちてしまいますね。

ファーストアルバムでの失敗がセカンド、サードアルバムでも思いっきり響いてきているんですよね。(原因は小室作品との相性が悪いに尽きるんですけど、ファーストアルバムはそれを論じるまでいきついていません。あまりにも、hitomiの歌唱が・・・。あと、特段、魅力があるとは言い難いですしね。)
この時は、小室哲哉から離れて別のプロデューサーにというのも難しい時代でしたし(時代は小室哲哉全盛期でしたし、離れた後に失速したアーティストが大半でしたしね。)だからといって小室哲哉に楽曲提供を続けるのもいい結果が出ませんでしたしね。(セールス的にはまずまずの成果でしたけど、末永くアーティスト活動を続けたり、後に再評価される作品を作るといったことは出来なかったはず。)

ファーストアルバムでの失敗はしばらくの音楽活動に大きな陰を生みましたが、この経験が後のアーティストとしての自我を生み出すことが出来たのではないかと思っています。

それにしても・・・もうちょっとマシな作品を提供すればよかったのに

おもしろいブログが見つかるかもよろしければ、クリックを



にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ことこと

Author:ことこと
30代の男性です。

正社員、派遣社員、アルバイトなどで転々と転職してきました。

今は、パートでとある教室で講師(?)みたいな仕事をしています。

当面の目標は貯金と引越しをすることです。

FC2カウンター